古くからあるうちわの歴史について

うちわ情報キャッチャー

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索
うちわの歴史についてです。古代時代からそれらしきものがあり、明治時代には広告として使われていたようです。
うちわ情報キャッチャーのメイン画像

古くからあるうちわの歴史について

うちわというと暑い時にあおぐものですが、今では応援グッズになったり販促品として配られるようにもなっています。

このうちわはいつから存在するものなのでしょう。

うちわの歴史について調べてみました。

【古代からあるもの】

うちわは、古代エジプトの壁画や古代中国の記録にあるのでこの時代からあったと推測されます。

日本では弥生、古墳時代から出土した木製品がうちわの原型だったのではと言われています。

また、本来は風を起こすものですが、中国の貴族社会では権威の象徴だったようです。

【中世から江戸時代】

飛鳥、奈良、平安、鎌倉時代では公家や僧侶、役人たちが威儀具として使っていました。

素材も絹や鳥の羽が使われていました。

形や材質は変化していき、江戸時代になると庶民にも多く普及するようになりました。

涼をとるのはもちろん、炊事やホタルを追う道具など、日常生活に使われるようになります。

大量生産するために、全国各地に団扇産地ができました。

【明治時代から広告として使われる】

明治時代から広告団扇として使われることが増えます。

寺社や商売人がうちわの表には商品であるとかメッセージを入れ、裏には名入れをして配りました。

今もある販促品のうちわのはじまりですね。

この頃、美術的な価値があるうちわも盛んに作られ、アメリカへ輸出されたと言われています。

今でも日本の団扇や扇子は外国人たちから人気があり、お土産としてよく買われているようです。

Copyright jennyliuphoto.com.