吹き付け塗装の単価を知るだけが見積書の役割ではない!?

外壁や屋根を吹き付け塗装をやろうと考えたとき、どうしても気になるのが吹き付け塗装の単価はどれくらいが平均なのだろうかという価格相場に目がいってしまいました。

業者を探して見積りをとればそれで済むようなことですが、業者に見積書を提出してもらうということは、半分以上はそこに依頼するという前提がついてしまいます。

そこでネットなどで下調べをしてみると、たとえば「多摩地区のお客様で30万円ダウン」とか、「埼玉県のお客様で40万円ダウン」とか、外壁塗装や屋根塗装を含めたトータルの価格しか出てこなくて、吹き付け塗装の単価そのものが明示されているサイトを探し出すのに苦労したことがあります。

究極は業者に見積書を依頼することになってしまったのですが、この体験をきっかけに、それならばどういう見積書が理想的なのか、吹き付け塗装の単価を知るだけではない、“見積書の提出のさせ方”を考えようと切り換えました。

参考までにご紹介します。

業者に依頼した場合でも、何も注文をつけずに依頼してしまうと見積には「一式」と書いてあるだけで、吹き付け塗装の単価などを細かく書き込んでくれる工務店ばかりではないようです。

そこで、見積書を依頼するときは、項目ごとに細かく数字を示して欲しいこと、価格は一式といったように項目をくくってしまうのではなく、項目ごとに1対1で対応した金額を書いて欲しいという前提をつけたほうが確実です。

実は、見積書というのは工事の証拠物件でもあって、「項目をすべて書き出してしまうと手抜きができなくなるから書かない」といった業者もいるのです。

価格をくらべたり、価格を知るためだけに見積書があるのではなく、項目どおりの工事が行われたかどうかを検証するもの、あるいはそう思わせてプレッシャーをかける道具であることを認識しておきましょう。

アイミツといって、複数の塗装業者から見積書を取るときも、あらかじめ同じ項目で出してもらうようにすれば、足場組み・撤去、養生、高圧洗浄 下地処理・クラック処理、シーリング、下塗り、中塗り、吹き付け塗装、人件費××人など、細部にわたって価格の比較ができて便利です。

もちろん外壁や屋根などリフォームの対象となるところは、平米単価や平米数を明記してもらったうえで費用を計上してもらいましょう。

また同じ外壁でも、吹き付けタイルや一部サイディングといったように、材質や工法が異なる場合もあります。

水性塗料、油性塗料、シリコン、ウレタンなど、塗料の種類などもできる限り細かく示してもらうのが見積書の流儀です。

業者は嫌がるでしょうが、「見積書は契約書と同じ」と心得ておきましょう。