うちわと扇子、本当に涼しくなる?

うちわ情報キャッチャー

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索
うちわと扇子は暑い日ならいつ使っても涼しくなるというわけではなく、猛暑日に使うとかえって逆効果になるので注意しましょう。
うちわ情報キャッチャーのメイン画像

うちわと扇子、本当に涼しくなる?

うちわや扇子は、暑い時にあおいで風を送り涼しく感じるものですが、あおいでいる間は涼しくてもあおぐ手が疲れてしまって本当にこれで涼しくなっているのかと思うことはないでしょうか。

あおぐと手を動かしますからその分余計に暑くなるのではと感じますよね。

うちわや扇子で涼しくなるのは本当なのでしょうか。

【あおぐ動作よりも涼しさが勝つ】

うちわや扇子を使ってあおぐと、腕を動かしますので体温は少し上がります。

しかし、あおぐことでそれ以上に涼しくなると言われています。

うちわや扇子を使ってあおぐと多少暑いと感じることがありますが、風を起こすことで涼しく感じる方が勝つのですから、やっぱりあおいだ方が良いのです。

しかし、あおいで起こす風は冷房のように冷たい風ではありませんから猛暑の時はあおいでもあまり効果がないと考えられます。

【あおぐと逆効果の時も】

うちわや扇子の風で涼しいと感じるのは、気温、湿度共に低い時です。

最近の日本の夏は35℃以上の猛暑日がとても多くなりましたが、そんな日にいくらあおいでもかえって暑くなるだけで逆効果なのです。

猛暑日はかなり汗をかくと思いますが、汗をかくことによって体温を下げています。

そこでうちわや扇子を使うと、体の周りの温度の下がった空気が吹き飛ばされて熱風を浴びることになり、かえって暑くなるのです。

【上手に使って快適に】

猛暑日にうちわや扇子を使うとかえって逆効果になることがわかりましたので、35℃以下の日に上手に使い、快適に過ごすようにしましょう。

Copyright jennyliuphoto.com.